葉っぱを背負ったウミウシ。光合成できる凄いやつだよ!

海でひっそりと暮らすウミウシは様々な色や形があって可愛らしいとファンが多い。この記事では中でも素敵なスキルをもつウミウシを紹介したい。

背中の緑の部分で光合成できるすごいやつ!

テングモウミウシは藻を食べて葉緑体を細胞に取り込み、自らも光合成をする。

この光合成は盗葉緑体現象と呼ばれ、なんだか漫画に出てきそうなかっこいスキルだ。

ポケモンのキャラクターにいてもおかしくないような可愛い見た目。2つの黒い点が目に見える。

ピンクの部分にはどんな機能があるのだろう?気になる。

出典:https://twitter.com/uran120/status/977500657304268801

写真では大きく見えるが、テングモウミウシは実は体長5ミリほどでかなり小さい。海の中で太陽の光を浴びて栄養をつくりだすというのは素敵な話。海で是非一度は見つけてみたいものだ。

おまけ。

ウデフリツノザヤウミウシはピカチュウみたいな見た目。ウシウシというのは本当に不思議な生き物だ。


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる