毛が抜けにくい猫6選

犬のトイプードルは毛がほとんど抜けないことで有名ですが、同じように毛が抜けにくい猫はいるのでしょうか?毛が抜けにくい猫種を厳選して6種、ご紹介します。毛が抜けにくい、というかそもそも抜ける毛がない猫もいます。どんな猫たちがいるのか、お楽しみに!

執筆ライター

ひよしりん

現在、3匹の猫と暮らす、猫ライターです。最初の子を迎えた時、「猫ってこんなに可愛いんだ♡」と、それまで持っていた猫のイメージが覆りました。日に日に感化され、今では自分の性格も猫っぽくなっています(笑)猫…

目次

毛が抜けにくい猫種とは

猫の毛が抜ける理由とは

猫の抜け毛を減らす作戦

まとめ

毛が抜けにくい猫種とは

毛が抜けにくい、または毛がない為に抜けようがない猫種がいます。

毛が抜けにくい猫種

毛が抜けにくい猫、と言われている猫種をご紹介します。猫の毛が抜けにくいか否かは、「毛質」による所が大きいようです。我が家の猫を例にとってみると、比較的固めの毛質をしている子は抜けにくいです。換毛期を除いて、ブラッシングをしても、あまり毛が取れません。ですが、柔らかい毛質の子は抜けやすく、ブラッシングをするとゴソッと取れます。あくまでも一例なので、他の猫には当てはまらない場合があります。

猫の毛の生え方によっても、抜けやすい抜けにくいがあると言われています。猫の毛の生え方は基本的には、「シングルコート」と「ダブルコート」の2種類ですが、「トリプルコート」の猫もいると言われています。一般的に暑い地域に住む猫種は、シングルコートの猫が多いです。ダブルコート、トリプルコートになると被毛にボリュームが出てくるので、比較的寒い地域か寒さの厳しい地域に住む猫に多いです。

猫の毛にはオーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)とがあり、どちらか一方のみが生えている猫を、「シングルコート」。オーバーコートとアンダーコート両方が生えている猫を、「ダブルコート」と呼んでいます。シングルコートの猫の方がダブルコートの猫よりも毛量が少ないので、毛が抜けにくい猫だ、と言われています。ですが、実際は毛量と抜け毛は比例しないので、例えば毛量が少ないシンガプーラでも、抜け毛は多いようです。それでは猫種のご紹介です。

デボンレックス

「プードルキャット」というあだ名が付いた、クルッと巻いた毛が特徴的な猫です。柔らかい被毛は抜けにくく、換毛期を感じないほど。とても繊細な毛質をしているので、むやみにブラッシングをすると抜け、禿げてしまうこともあるのだとか。被毛のお手入れはシャンプーをするか、濡れタオルで拭くのが適しています。

シャム猫

知らない人はいないくらい有名なシャム猫は、シングルコートです。抜け毛が比較的少ない、と言われている猫種です。お手入れは週1〜2回程度のブラッシングでOKなので飼いやすいですが、おしゃべりなのでそれに対応できる飼い主さんが向いています。

エジプシャンマウ

古くからエジプトに住み、壁画にその姿が描かれていると言われているエジプシャンマウ。シングルコートの猫で、抜け毛はそれほど多くないようです。スポット柄が美しいその被毛は、週に1〜2回はブラッシングをしてあげましょう。

毛がない猫種

毛が抜ける心配がない、そもそも毛が生えていない猫種もいます。正確にはごく短い毛や薄い産毛が生えている事が多いのですが、パッと見は毛がないように見えます。これらの猫種は皮脂が皮膚に溜まりやすいのと、温度変化や日光、衝撃に弱いなど、飼う時には気をつけなければいけない点がたくさんあります。猫初心者の方には、少々管理が難しいかもしれません。

スフィンクス

「毛がない猫」として有名なスフィンクス。突然変異により、産まれた猫種です。無毛とは言っても実際には、薄く毛が生えています。まるで、桃のように。外見は人によって好みが分かれるところですが、そのグロテスクな外見からは想像がつかないくらいに人懐つこく、ハマる人も多いのだそう。まだマイナーな猫種ですが日本にもブリーダーさんはいるので、手に入れることは可能です。

続きは第2ページ


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる