死刑囚が最後の晩餐で食べたいと頼んだ予想外の食べ物12選!!

死刑囚たちが最後に頼んだ食事


ここで紹介している人物たちは、 かつて凶悪犯罪を行った死刑囚たちです。
米国の厳しい規則に従って、彼らは常に警備員によって監視されており、窓のない独房で過ごしています。 そんな彼らの生活の中で最も注目を浴びるのは、彼らの最後の食事です。きっと、死刑囚たちが頼んだ食べ物の種類の幅広さに驚くことでしょう。

コールドカット


最後くらい熱々のガッツリ、豪勢な食事かと思えば

ある死刑囚はとても料理ではないシンプルな物をチョイスしました。
彼の心の中は一体何を思ってこれを注文したのでしょうか・・・

1.コールドカット

コールドカットとは、その名の通り 肉や野菜などを調理せずにそのままカットした冷たい食べ物です。

これは、 ネブラスカ州で何度も殺人を犯したチャールズ・スタークウェザーが頼んだもので、ここからインスピレーションを受けた映画もいくつかあります。

最初は警備員がステーキを提供しましたが、彼は拒否しました。

ジャンクフード


ジャンクな食事ってなぜか定期的に欲しますよね。
死刑囚も元々は私たちと同じ人間、その感覚も同じ。
マクドナルドのフライドポテトだって食べたくなるのです。

2.ジャンクフード

ゲイリー・カール・シモンズ・ジュニアは、強姦や数々の残虐な殺人を行ってきました。

そんな彼が頼んだ最後の食べ物は、さまざまなジャンクフードでした。

ゲイリーが要求した最後の食事は、ピザ、2つのイチゴシェイク、そしてマクドナルドのフライドポテトでした。

彼は 他にもパルメザンチーズ、ポテトチップス、ドレッシングなども頼みました。

健康的な食事

続きは第2ページ


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる