猫の食欲がない時、原因と対策・考えられる病気とは

愛猫の食欲がない時は心配ですよね。猫は元々、食が細い動物です。もちろん、猫によっては大食漢もいますが、大半の猫は食のこだわりが強く、ガツガツとは食べない傾向にあります。中には、気に入らないと食べない、という猫も。でも、病気で食欲がないこともあるのです。愛猫の食欲がない時に考えられる病気には、どんなものがあるのでしょうか?

執筆ライター

ひよしりん

現在、3匹の猫と暮らす、猫ライターです。最初の子を迎えた時、「猫ってこんなに可愛いんだ♡」と、それまで持っていた猫のイメージが覆りました。日に日に感化され、今では自分の性格も猫っぽくなっています(笑)猫…

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

目次

猫の食欲がない原因

猫の食欲がない時の対処法

猫の食欲がない時に考えられる病気

まとめ

猫の食欲がない原因

病気によって猫の食欲が無い

猫の食欲がない時は、何かしらの病気にかかっている事が考えられます。

猫風邪

猫白血病ウイルス感染症

糖尿病

慢性腎不全

毛球症

口内炎、歯周病

食事が気に入らないので食欲がない

また、猫はご飯にうるさい子が多い為、ただ単に ご飯が気に入らなくて食べない、という可能性もあります。

食欲がない原因が前者なのか後者なのか、判断が難しい所ですが、成猫が1日以上食べない場合は、何かしらの異常があるかもしれません。他に症状がないか確認して、動物病院を受診しましょう。

子猫の場合は12時間以上食べない時間がある時に、受診するようにしてください。

特に太った猫で起こりやすいのですが、食欲がない状態が36時間以上ご飯を食べないと、肝リピドーシスという肝臓に脂肪が溜まり、肝臓の機能が低下する病気にかかる可能性があります。

食欲がないだけだから、と放置しておくと、重篤な症状に陥ってしまう可能性がありますので、なるべく早く対処しましょう。

猫の食欲がない時の対処法

猫の食欲がない理由には、病気とご飯が気に入らないケースがありますが、それぞれの対処法をみていきましょう。

食欲がない原因が病気の場合

病気によって猫の食欲がない時は、まず原因となっている病気の治療に当たります。その上で、必要があれば 点滴や強制給餌を行う場合もあるでしょう。

食欲がない時の食事は、その原因によって異なります。匂いを感じられない猫風邪などの時には、いつものご飯に 匂いの強いかつお節などをトッピングすると、猫の食欲を刺激できます。

人肌程度に温めるのも有効です。口内炎など、口内の痛みによって食欲がない時には、柔らかいご飯を与えるようにすると良いでしょう。

食欲がない原因がご飯が気に入らない場合

食欲がない原因がご飯が気に入らない場合、愛猫好みのご飯を探してあげましょう。飼い主さん手作りのトッピングや、かつお節などをいつものフードにトッピングしても良いですね。

ご飯以外にも食器だったり周囲の環境だったり、猫が気に入らないポイントがあるのかもしれません。ヒゲがあたらない食器や、シートの上に広げて与える、飼い主さんの手の上に乗せて与えるなど、与え方に工夫を凝らしてみましょう。

猫が落ち着いて食事が出来る環境作りも大切です。箱の中で食べさせても良いですね。

猫の食欲がない時に考えられる病気

続きは第2ページ


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる