猫は人間の言葉がわかる!?解る言葉と解らない言葉

愛猫と暮らしていると愛猫の名前を呼んだり、ご飯だよーって声を掛けたりってしますよね?そんな中はたして猫ちゃんは人間の言葉をどのくらい理解できているのか?そこについて記事を書かせて頂きます。また番外編では喋る猫の理由についても……。

目次

猫はどれくらい人間の言葉を理解しているの?

名前や「ごはん」等の単語は覚えられる

猫が理解できない言葉の特徴

猫が人間の言葉喋る(番外編)

まとめ

猫はどれくらい人間の言葉を理解しているの?

愛猫と一緒に過ごされてる皆さんなら気になる所ではないでしょうか。今回は猫はどれくらい人間の言葉を理解しているのかという所にスポットをあてて書かせて頂きます。

猫なんだから当然人間の言葉なんて理解できる分けない……なんてこと実はないんです。少しくらいなら人間の言葉を覚えることができます。さて、それではどれくらいならわかるのでしょうか。

名前や「ごはん」等の単語は覚えられる

犬は人間の言葉を80種類くらい理解できると言われています。猫の知能は犬と同じくらいなので猫も同じくらい言葉を理解できると推測できます。猫が覚えやすい言葉は自分にとって「良い事が起きる言葉」や「悪い事が起きる言葉」です。

ごはん

例えば、ごはんをあげる(良い事が起きる)時に毎回「ごはん」と飼い主さんが言ってあげれば「ごはん」の意味を覚えます。逆に、猫を叱る(悪い事が起きる)時に毎回「コラッ!」と言っていれば「コラッ!」という言葉を聞いただけで怒られると察し逃げ出すようになるでしょう。

自分の名前

自分に向かって発せられる事が多い言葉なので自然と「自分と関係ある言葉だ」と覚えるでしょう。
「なのさん、ごはんだよ」などのように名前と良い事が起きる言葉をセットで使っていれば尚更の事です。

家族の名前

家族同士で「お母さん」や「お姉ちゃん」などと呼びあっていれば「あの人は『お母さん』なんだ」というように他人の名前や呼称を覚える事もあります。

猫が理解できない言葉の特徴

イントネーションやアクセントを変えた言葉

ただし、猫は言葉を「いつもの調子」で言ってくれないと理解出来ません。

イントネーションやアクセントを変えたり、いつもは優しく言っている言葉を怖い感じで言うなど雰囲気を変えたりすると同じ言葉だとは理解できず、反応出来ないことがあります。

普段猫に話しかけない人が言っても声やイントネーションの違いから伝わらない事もあるみたいですね。

似たような言葉

似たような言葉でも猫には違いが分かりません。多頭飼いで名前をつける時は注意しましょう。

「ミーコ」や「ニャーコ」のように似たような発音のものは違いがわからず覚えられないので「ミーコ」や「サクラ」などのように最後の音の母音を変えるなどの工夫をすると猫は理解し覚えやすいです。

猫が人間の言葉喋る(番外編)

続きは第2ページ


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる