猫をフランス語で言うと?人気の名前や暮らし方

猫をフランス語でいうと何かご存知ですか?フランス人は世界有数の猫好きが多い国だということをご存知でしたか?そんな愛猫家が多いフランスではどのような名前が流行っているのでしょう。今回はフランス語の意味を交えて人気の名前をご紹介すると共にフランスでの猫の暮らしと猫に関するフランス語もご紹介しましょう!

執筆ライター

つぐにゃん

・雑種猫を3匹飼ってます。 犬派なのに何故か捨て猫ばかりが目の前に・・・。捨て猫を拾って世話していたら気付けばすっかり猫好きになっていました。

目次

フランス語で猫はなんというか

フランス語の猫の名前

猫に関するフランス語

フランスにある物件は全てペット可!

まとめ

フランス語で猫はなんというか

フランス語で猫は「Chat(シャ)」

フランス語で猫は「Chat(シャ)」と言います。

フランス人は実はペットが大好きだということをご存知ですか?2015年の統計によるとフランスのペット数は人口6603万人に対して6300万匹。

その中でも猫の数は1140万匹!とてつもないイエネコの数ですよね。ちなみにフランスの飼い犬の数は740万匹と犬に圧勝しております。

フランス語で猫の鳴き声は?

日本では猫の鳴き声を「ニャー」と表現しますが、フランス語では猫の鳴き声は 「Miaou Miaou(ミャオミャオ)」と表現されます。

何故同じ鳴き声なのにこんなにも違いがあるのかというと、母音の関係が深いのだとか。日本語とフランス語の発音の違いや母音の関係でこれほど差がでるのです。言葉って面白いですね。

フランス語の猫の名前

それではフランスで人気の猫の名前をここからはご紹介します。ほんの一部ですが、おしゃれな名前を愛猫につけたいと思うならぜひフランス語の意味を交えて参考にしてみてはいかがでしょう?

Minette/ミネット

フランス語で「子猫ちゃん」といった意味がある名前です。日本でいうと「ちびちゃん」といったところでしょうか?

ミネットというフランス語の意味は猫だけではなく子供にも使われる単語なのだそうです。例えば「可愛い坊や」「かわいいお嬢ちゃん」といった言い方にも用いられるとのこと。

Chipie/シピ

シピは有名ブランドの名前なのですが。フランス語の意味は「わがままな女」という意味だそうです。フランスの猫ちゃんって確かに「わがままなイメージ」がありますので、「わがままな猫ちゃん」といったところですかね。フランス語でいうとおしゃれに感じますね。

Tigrou/ティグル

ティグルとはフランス語で「虎」という意味です。確かに日本でも猫に「トラ」と名付けますので同じような感覚ですね。

Caramel/カラメル

フランス語でカラメル!つまり食べ物の甘いあのカラメルのことです。猫にスイーツの名前をつけるのは万国共通なのかもしれません。レッドの被毛を持つ猫ちゃんなら確かにカラメルソースっぽいイメージですし、名前も可愛い感じがしますものね。

続きは第2ページ


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる