猫の顔つきで性別(オス・メス)を見分ける方法

猫の性別を見分けるには、猫のお尻を見ることで一目瞭然。しかし、お尻を見せてほしい時に限って猫はコチラに顔を向けて中々お尻を見せてくれません。そんな時に役立つのは、猫の顔つきで性別を見分けるという方法。今回は猫の顔つきで性別を見分ける方法をご紹介します!

猫の顔つきで性別を見分けるには

基本的に猫の性別を見分ける時は、お尻の方から猫を見るとオス猫は睾丸が見える為それで見分けることが出来ます。しかし、猫がこちらに顔を向けている時等でお尻を見ることが難しい時もありますよね。

そんな時は猫の顔つきから性別を見分けることが出来ます。猫の顔つきで性格を見分けるには、

顔の面積や頬

ヒゲ袋(ウィスカーパッド)

この4つに注目してみましょう。この3つの部分は猫の性別により異なることが多いと言われています。では、猫の顔つきは性別によってどのような違いがあるのでしょうか?

オス猫の顔つき

まず初めに、オス猫の顔つきについて見ていきましょう。

オス猫の顔つき・顔の面積や頬

猫の顔つきから性別を見る場合に、1番注目したいのが顔の面積や頬です。オス猫の方は顔の面積が広いことが特徴です。また、頬の肉や皮の部分は厚く大きく膨れあがっていることから、オス猫の顔は横長に見える事が多いです。

オス猫の頬の肉や皮が厚くなる理由ですが、オス猫の場合縄張り争いやメスの取り合いでの喧嘩が多く、噛まれる可能性があることが理由ではないかと考えられています。

ちなみにこの頬の肉や皮の部分ですが、野良猫の場合強いオス猫程厚くなると言われています。そのためボス猫は頬の肉や皮が分厚く、大きな顔をしていることが多いです。以前元野良のオス猫を動物病院へ行った時、「立派なボス肉だね~!」と看護婦さんたちに褒められたことがありました。・・・どうやら業界では"ボス肉"と呼ばれているらしいです!(笑)

オス猫の顔つき・目

オス猫の顔つきで次に注目したいのは目です。オス猫の目は顔が大きい分、目が小さく見えがちです。目が小さく見えることで優しい印象を与えるのが、オス猫の顔つきの特徴だと言われています。

オス猫の顔つき・鼻

猫の顔つきを見て性別を見分ける時は、鼻にも注目してみましょう。オス猫の鼻は、鼻筋がしっかりしていて、広くなっているのが特徴の1つになります。鼻筋がしっかりしていて広いことで、オス猫の目は離れているようにも見えますし、鼻が大きくも見えます。

オス猫の顔つき・ヒゲ袋(ウィスカーパッド)

続きは第2ページ


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる