デートの定義とは?付き合っていないのにデートする理由まとめ

恋人になれそうな気配もないのに、2人きりのデートの約束ができてしまった。

男性でも女性でも、そのこと自体はうれしいのですが、一方で、相手が何を考えているのか気になってしまいます。

いろいろなパターンが考えられますが、いくつか想定されることを挙げてみますので、チェックしてみましょう。

また今回は男女別のデートの定義もまとめたところ、男性も女性も共通した定義があることがわかりました。

それは、相手に対して恋愛感情があるかどうか、デートに向けて準備をするかどうかの2つです。

詳しく見ていきましょう。

デートの定義って何?付き合っていないのにデートをする理由とは

付き合っていない男女がデートをするということには、どのような理由があるのでしょうか?

お試しなのか、遊びなのか、もしかしたら両思いなのか気になりますよね。

そこで今回は付き合っていない2人がデートをする理由をまとめてみました。

ひそかに相手のことを想っていた

このバターンが一番理想的ですよね。

あまり緊張しないでリラックスして臨みましょう。

そして別れ際、「また、こうして会ってくれる?」と言うのを忘れずに。

そもそもデートだとは思っていない

デートの約束をしたきっかけを考えてみましょう。

例えば、映画を見に行く約束をしたとしたら、一緒に見に行ってくれる相手がたまたまいなかったのかもしれないですね。

1人で行くのもつまらないから、軽く誘っただけなのかもしれません。

でも、がっくりすることはありません。

2人で出かけてもいいと思うからには、悪い印象はもっていないはず。

付き合いたい気持ちを出し過ぎるのもよくありませんが、さりげないアピールはどんどんやってみましょう!

お試しデートのつもり

自分の気持ちもはっきりしない、相手の気持ちもよく分かっていない、そんな感じでデートをしてみるというパターンもありますね。

「試しに、デートしてみようか」そんな軽い気持ちなのかもしれません。

どうも、相手がそういう雰囲気だと感じたら、クールに対応してみるのも手ですね。もちろん、笑顔は忘れずに。

こちらの気持ちを表に出さないでいると、相手も諦めてしまうかも……と心配しがちですが、迷っている人には、積極的な態度は逆効果になることがあります。

そもそも「お試しデート」をしようとする人は慎重なタイプですので、気楽に楽しめるようにしてあげることが大切です。

現在付き合っている相手との関係に疲れている

もしかしたら、付き合っている人がいることも考えられますね。

特定の相手との関係に疲れていると、つい、別の相手とデートしたくなったりしませんか。

突然、「実は付き合っている人がいるんだけど……」と相談を持ち掛けられるかもしれません。

たとえ相手を好きであっても、深入りは禁物。

ただしデートをするわけですから、決して嫌な相手ではないはず。その日は、楽しく過ごすことだけを考えましょう。

他の異性ともデートしている

いろいろな異性とデートすることに抵抗を感じない人もいます。

続きは第2ページ


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる