「恋愛って難しい…」と感じる理由7つ

相手のことが好きだからこそ悩み、苦しんで、壁にぶち当たるのが恋愛の醍醐味でもあります。

思うように進まない 恋愛が難しい理由を挙げてみます。

1.自分からアプローチできない

好きな気持ちは誰よりもあるのに、うまくアプローチできないときです。 反対に好きだからこそ意識しすぎて、話しかけることもできず、相手には避けていると思われている場合もあります。

こういう人は、好きな人に対してガンガン話しかけれる人を羨ましく思うのではないでしょうか。 臆病にもほどがあるので、話しかけないことには何も始まりません。

2.相手がこちらに好意がない

自分がいくら相手のことを好きでも、相手が自分のことを好きになってくれないと何も始まりません。食事に誘ってみたり、ドライブに誘ってみたりと連絡をしてもいっこうに話にのってこないといった経験はないでしょうか。

こうなると脈無しと判断するしかありません。 相手をどう振り向かせるかもカギですが、相手にされないときほど虚しさを感じる時はありません。

3.相手とうまくキョリがとれない

相手が何を考えているのかわからない、どうキョリをとっていいのかわからないと感じたことはありませんか?

いつも決まって連絡をするのは自分から。連絡をしなければ一日でも二日でも連絡は来ません。かといって連絡をとったり会ってみると、相手も楽しそうにいつもの調子です。

相手にとって自分はどの程度の存在で大切に思われているのかわからなくなることがあります。 これは双方の気持ちの温度差かもしれません。

こういう時は相手を責めることも強要することもしてはいけないのです。

4.素直に自分の気持ちが伝えられない

恋人同士であっても片思いであっても、相手に対して素直になれない人は多いのではないでしょうか?

変に意地を張ってみたり駆け引きをしてみたりと、あまのじゃくになってしまう人もいるかもしれません。

素直に自分の気持ちを伝えないと相手の気持ちも離れてしまいます。 もし自分で自覚があるのなら、今すぐにでも思いやりをもった言葉をかけ、本当の自分を出すことです。

5.考え方や価値観が違うと感じたとき

好きになるということ自体にルールや理由はありません。 自分の一目惚れや直感、相手のしぐさや言葉に惹かれ気が付いたら好きになっていたということもあると思います。

しかし、相手の事を知れば知るほど、「何かが違う」「私はそうは思わない」などと相手とのズレを感じ始めるときがあります。好きだけでは難しいなと思う瞬間です。

6.相手に恋人がいる人を好きになってしまった

「もっと出会うのが早かったら…」と思ったことはありませんか?

相手にはすでに恋人がいるという事を知った時には、自分の気持ちが後戻りできず、どうしようもない気持ちでいっぱいになってしまいます。 とてももどかしいですね。

この気持ちを一体どうしたらいいのかぶつけようがありません。 略奪愛?二股?浮気相手?色々なことが頭をめぐりますが、好きになってしまったものは、もうどうしようもありません。

7.好きな人が忘れられない

失恋などで好きな人のことが忘れられないといった経験はありませんか?

次の恋に行きたいのに、どうしても毎日好きな人のことが頭をめぐります。これでは前へ進めません。男性の方がこの傾向は強いのではないでしょうか。

早く気持ちを切り替え、次の新たな出会いを求めましょう。 これも強い自分になるためのいい経験です。

恋愛とは一筋縄ではいかないものです。苦しみながら 色々な経験を積んで、自分のベストパートナーを見つけましょう。


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる