「女の子のおもちゃ」と失言してしまったママ 息子の『ひと言』で予想外な展開に

「男の子は車とかヒーローものが好きでしょ」

「女の子なんだから可愛いもので遊びなさい」

そんな決め付けに悩まされて育った人たちがいます。

しかし、いまは人々の意識が少し変わりました。

子どもが「男の子向け」「女の子向け」を気にせず、好きなおもちゃで遊べるように『ジェンダーフリー化』が進められているのです。

おもちゃ業界では、商品の対象を男女に分けることをやめる動きが出てきました。

また、家庭では「子どもに自由に選ばせる」という意識を持った親が増えてきているようです。

親子で一緒に学び合おう

子育て中のリュック(@fumibol)さんは、ある日、お菓子作りができるおもちゃのことを「女の子のおもちゃ」といってしまいました。

※写真はイメージ

無意識に口から出てしまった、「お菓子作りは女の子のやること」と決め付けるような言葉。

リュックさんの発言に、すかさず息子さんが注意します。

「ママ、男の子でも女の子でも、好きな人が遊ぶおもちゃだよ」

※写真はイメージ

しっかりと、ジェンダーフリーの考えが根付いている息子さん!

これを聞いて、リュックさんは素直に反省します。

「そうだね。ママ間違えた。しかしいい考えだね。誰が教えてくれたの?」

※写真はイメージ

すると、意外なひと言が返ってきます。

「ママだよ?」

※写真はイメージ

これを聞いたリュックさんは、こう思います。

いいママだね。

※写真はイメージ

リュック @fumibol

おかし作りのおもちゃのことを、私が「女の子のおもちゃ」って言ってしまったのね。そしたら息子に「ママ、男の子でも女の子でも、好きな人が遊ぶおもちゃだよ」って諭された。「そうだね。ママ間違えた。しかしいい考えだね。誰が教えてくれたの?」と言ったら「ママだよ?」って。いいママだね。

7:52 - 2018年3月27日

「そっか~、自分だったか~!素敵だなー!!」と自画自賛したくなるような展開になってしまいました!

リュックさんは忘れていましたが、息子さんはジェンダーフリーの考えをママから学んでいたのです。

親子のやりとりに、多くの人が笑顔になりました。

【ネットの反応】

・いい息子さんですね!

・ジェンダーフリーへの配慮は大切。

・どちらの性でも、美意識が高い人っていますからね。

・リュックさんは、すぐ素直に間違いを認めるところも含めていいママです!

自分が育った時代の考えかたから抜け出すことは、大変なこと。

子どもに教えたことが返ってきて、親も一緒に成長していく…息子のために頑張るリュックさんと、しっかり受け止める息子さんから、いろいろなことが学べますね。


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる