寿司屋の大将が老夫婦の客を小バカにした。すると若者カップルの一言が絶賛の嵐に!!

昼時のあるお寿司屋。

そこに訪れた筆者。

そこで、老夫婦に、ありえない対応をする寿司屋の大将。

店の空気が悪くなるなか、ある若者カップルの一言が

神対応だったと話題に。

シャリを見て「旨そうだなぁ」と、見とれていました
先日、取引先の付き合いで都内地下鉄の大江戸線のある駅に隣している寿司屋で食事を取ったのですが、

そこである出来事に出くわしました。

お店は12時ちょっと過ぎくらいということもあり席はほぼ満席で、

私たちは長テーブルで2組の方と相席で座ることに。
その相席させていただいた方は、
どこにでもいそうな老夫婦二人と若いカップル。

先にそちらの夫婦とカップルが注文をしていたので、
私たちが席について間もなくお寿司が運ばれてきました。

ネタが輝き、しっかり握られたシャリを見て「旨そうだなぁ」と、見とれていました。

そうこうしていると、私たちにも注文したお寿司が届けられてきました。

届けてくれた大将らしき人に「ありがとう」と伝え、
さぁ食べようと箸に手を伸ばした時、
この大将に相席をしている老夫婦の女性が話しかけたことで今回の出来事が起こるのです。
女性は大将に

「この鉄火巻き、本当においしいですね。家庭でもこんな風に作りたいときはどうやったらいいですか?コツはありますか?なかなか素人には難しいですかね…」と話しかけたのです。

すると、大将は女性に向かって「笑わせるね!そりゃ無理だわ、当たり前。」

とぶっきらぼうに言い放ったのです。

さらに、「そんなもんこちとら延々と修行重ねてやってきてるんだ!やすやすとコツなんぞ教えられたら苦労ないもんだ。」

と嫌味に小笑いして答えます。

この女性は本当においしかったからこそ、

ちょっとしたコツがあれば聞きたいと思っただけだと思うのですが、

大将のまさかの返しに何も言えずたじたじ。

女性と大将のやりとりは、Aさんだけでなく お店にいる他の客も見ており、

各々胸くそ悪い思いをしつつ黙ってお寿司を食べていましたが、

大将はまだ言い足りなかったのかさらに女性に嫌味ったらしくぐちぐちと話し続けます。

ここまで言われると思っていなかった女性は、

大将の驚きの態度に食べかけの鉄火巻きに手を付けることもできず「すみません」と恐縮するばかり。

さすがに言い過ぎている大将の態度を不快に感じ一言言ってやろうと決意した瞬間!!!

先に横の相席していた若いカップルが口を開いたのです!

店内に響く声で言い放った言葉とは

「あーまずい。なんだここ。」
「くそまじーわ。回転寿司の方がよっぽどうまいな。帰ろうぜー。」

さらには「心の狭いおっさんだなあ。ちょっとしたコツくらい教えるのにムキになってるくらいならたいしたうでじゃないんだろ笑」

大将に向かって逆に嫌味を言いながら店を後にした若いカップル。

Aさんたちも食事を終えてすぐ店を出ましたが、若いカップルが店を出てからの大将は言い過ぎたと思ったのか終始無言で仕事を続けていました。

折角の食事なのに、ぐちぐち言う大将に怒りを覚えるのも仕方ないですね。

老夫婦も大将との会話を楽しもうと思っていたはず。

にも関わらず、相手を貶めるようなことを言ってニヤニヤするのはちょっと・・・。

自分もそういうことあるかもしれないので、他人のふり見て我がふり直せですね。

こういう職人堅気で店まで出せるようになったんなら、色々なお客さんを見てきたはずなのに、そこんとこの修行が足りなかった人じゃないですかね。

せっかく、楽しみにしてきたお客さんに対して言うコトバンクではないですね。こんな店は、2度と行きません。

ラーメンの親父がいちいち口を出してくる店に出合った事があります。豚骨濃い目で食べたいと主人が言うと、「初めてのお客さんは、濃いめはやめといたほうがいいねぇ」と親父。

店をでてから、もう2度といかないね、こんな店と二人で話しました。えらっそうーに、まつたく。職人堅気で偏屈な店は嫌いです。


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる