束縛する彼氏の心理と対処法:捨てられるのが怖い?

あなたは、彼氏の束縛が激しいと感じたことはありますか?束縛というと女性イメージが強いですが、彼女に対して束縛をする男性は意外と多いです。

好きな人に束縛をされると、愛情を感じてうれしく思うものですが、あまりにも一方的で激しいと別れも考えてしまうもの。

そこで今回は、彼氏が束縛する心理と束縛への対処法について紹介します。

いくら彼氏とはいえ、束縛が酷すぎる場合には、自分から別れを告げて新しい出会いを見つけるのも1つの方法です。

束縛が強い彼氏と別れたいけど、次に付き合う人が見つかるか不安だと思っている人には、マッチングアプリ「ペアーズ」がおすすめです。

ペアーズでは、チャットでの会話を経たり、同じ趣味思考を持ったコミュニティーの中から「いいな」と思った人を選別することができるため、相手のことをある程度知ってから会うことができます。そのため、束縛をせず、気軽に楽しく付き合える恋人と出会えるでしょう。

彼氏の行き過ぎた束縛の心理

束縛する男性には、心配症というだけでなく、嫉妬心や独占欲が強すぎるという人もいます。ここでは行き過ぎた束縛をしてしまう男性の心理を見ていきましょう。

人一倍嫉妬心がある

束縛をしてしまう1番の理由は、人よりも嫉妬心が強いからではないでしょうか?

人一倍嫉妬心が強いと、異性とのかかわりを人一倍嫌い、彼女の異性の友達とのつながりを全て絶ちたいと思い、常人離れした束縛に走ってしまいます。

嫉妬心は、愛情があるが故のため、一概にやめてくれと言いづらい部分もあります。

依存し過ぎている

彼女がいなければ生きていけないといったように、彼女を自分の生きる糧だと考え、彼女との関係に依存し過ぎている男性もいます。

「仕事がイヤ」「人生が楽しくない」と自分の人生を嘆いているような男性にこのような傾向が強く、彼女にも同じような依存関係を求めてきます。

彼女の事は全部知りたい

単純に、彼女の行動をすべて知っておきたい、自分の思い通りにしたいという欲求から、強く束縛をしてしまう男性も数多くいます。

これに当てはまる男性は、愛情ではなく支配感からくる束縛のため1番厄介です。もしも、人の意見を全く聞かず、意見を押し付けてくるような彼氏ならば、新しい恋を探したほうが賢明です。

過去に恋愛のトラウマがある

相手に二股をかけられていた、昔恋人にひどい降られ方をした、など過去の恋愛がトラウマになってしまうパターン。

次にできた恋人とはそんなことになりたくない!と思う気持ちから必要以上に相手のことを束縛してしまうこともあるようです。

自分が1番でないとイヤ

恋人なら誰でも自分が1番出会ってほしいものです。

デートの約束が仕事や様々な原因で流れてしまったとき、仕方のないこととはわかっていても、やっぱりいい気持はしないというのが本音ではないでしょうか。

趣味など他に打ち込むことがない

特に趣味がない人も注意が必要です。趣味という趣味を持ていない人はいつも暇で退屈になってしまい、エネルギ―を持てあましがちになります。

他にエネルギーをぶつけるところがないと、ついつい相手は何をしてるんだろう、まさか他の人と…などとどうしても関心が相手にばかり向かってしまい、束縛するような行動をとってしまいます。

続きは第2ページ


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる