作業着で出勤する父をバカにする近所のおばさん・・・「私の息子はスーツを着られる仕事に就くことが出来ましてね~w」→結果

もう定年退職したけど、私の父は某電気メーカーの工場長をしてた。 

詳しくは知らないけど、父の会社では工場長はなんたら部長って肩書きが付く、結構偉いポジションだったらしい。 

元々両親は父が勤めてる工場から結構離れた家に住んでたんだけど

父が定年まであと数年って頃に通勤(‘A`)マンドクセってなって、  工場近くの家に引越しをした。 

当時それ程離れていない場所で一人暮らしをしていた私は、引越しが済んでから初めて新しい家に行った。 

引越した先は3Kの木造アパートで、正直あまり綺麗な家ではなかった。 

もうちょっと広くて綺麗な家に住んでも・・・と思うのは私だけで、両親はそういう事に全く頓着が無く、近所にお花見できそう  な綺麗な公園があるのよって言ってた。 

両親が決めた事だし、家はいいとして、問題だったのは隣人のおばさん。 

両親の家と同じ間取りに息子と住んでた。 

初めて挨拶した時から何か感じ悪いおばさんだなと思ってたけど

実際嫌なおばさんで、事あるごとに母にチクチク嫌味を言って くる人だったらしい。

私の両親は温厚な人で、嫌味を嫌味と気付かないような所があり、こんなことあったよって隣のおばさんの話を聞く度に、私一人が失礼な婆!って腹を立ててた。 

ハッキリ覚えてるのは、休日両親の家に遊びに行っていた私と母が、スーツ姿の息子さんを見送るおばさんと玄関先で鉢合った時の会話。 

母「あら、息子さんお仕事ですか?お休みなのに大変ですね。」 
婆「ええ、大きなお仕事の話があるみたいで。」 

母「そうなんですか。ご立派ですねー」 
婆「まぁ、私の息子は何とかスーツを着れるお仕事には就けましたので・・・(ニヤニヤ)」 

母「そうですか・・・でも、普段スーツを着なくても立派なお仕事はいくらでもあるんですよ。」 

婆「そうですか(ニヤニヤ)」 

私の父は普段作業着で自転車に乗って出勤してた。 

おばさんはきっと、スーツ>作業着みたいな、何の根拠も無い優越感に浸ってたんだろうけど、明らかに見下したような言い方が許せなかった。 

流石の母も嫌味を言われてると気付いたようだったけど、そのまま会釈をして何事も無かったように出掛けた。 

母はいいのいいのって言ってたけど、私は悔しくて、その一件以来本格的に隣のおばさんを嫌いになった。

そんなこんなでおばさんは相変わらずのまま、父の定年が近付き、両親は退職金と貯金で家を買う事にした。 

なんと、父の担当になった不動産会社の営業はおばさんの息子! 

息子はその地域の不動産の営業マンで、近所の公園がえらく気に入った両親が近場で家を探していた所

息子が働く不動産会社に行き着き、社員で ある息子とお隣だと気付いた不動産会社の人が息子を担当にしたらしい。 

それからというもの、おばさんは母と玄関先やベランダで鉢合わせそうになると慌てて部屋に入っていったりと

今まで顔を合わす度にちょっかいを出してい たのが一変、家の人間を避けるようになった。 

両親も気に入った家を見つけ、ほぼ商談成立となった頃のある日

家族で食事をした帰りに家の前でおばさんにバッタリ会った。 

禍々しいオーラを無くして明らかに挙動不審なおばさん。 

挨拶と盛り上がらない世間話を少しした後、 

父「○○(婆の息子)さんは親切に色々教えてくれて~うんぬん~、立派な息子さんですね。」 
母「本当に、良いお家を紹介して頂いて。」 
婆「あぁ、はぃ・・・アリガトゥゴザイマァス・・・」 

普段と変わらずニコニコしてる母の顔をチラチラ見ながら、おばさんは小さくなってペコペコ。 

商談が成立するまで母が父に何か言うんじゃないかと内心ビクビクしてたんだろうし

息子から父の仕事の話も聞いたのだろう、家がそこそこお金持ちだと 分かった途端コンプレックス丸出しになってる姿は凄く滑稽だった。 

両親に言ったら怒られるだろうけど、その時ばかりはニヤニヤが止まらなかった。 

何を言う訳でも、何をする訳でも無く、最終的におばさんを黙らせた両親は格好よかった。 
でもそんな小さいことを考えてるのは私だけで、父も母も何とも思ってなかったんだろうな。 

ちなみに購入した家はすぐ近くなので、新居に引越した今でも時々、スーパーで慌てて去っていくおばさんの姿を見る事ができるそうだ。


×
fbでシェア
lineでシェア