「お兄ちゃん『さかな』と『みぎ』で何て読むの?」公園で見知らぬ女の子に声をかけられた結果・・・

その日、

友達と近所の公園で

待ち合わせをしていた。

CDを何枚か借りる約束だった。

季節は今くらいの冬の時季。

夕方4時過ぎでも

もう薄暗くなりかけだったのを覚えている。

約束の時間より少し早く着いてやることなくて

ベンチに座り携帯いじっていた。

ふと見ると目の前の砂場で

一人の女の子が遊んでいた。

小学校に入るか入らないかくらいか。

妙に昔風の子供、

サザエさんのワカメちゃんみたいな感じで

地味な髪型や服装だった。

あんまりマジマジ見ていたら

周りから変態とかに思われるのも嫌なんで

無理やり携帯の画面を見ていた。

(周りと言っても他に誰もいなかったんだけど)

しばらくして

その女の子が俺に近づいてきた。

てか携帯見てたから

近づいてきたのを見てたわけじゃないけど

気配を感じて顔を上げたら

女の子が俺の前に立っていた。

「ねえ、お兄ちゃん

『さかな』と『みぎ』って書いてなんて読むん?」

「は?」

俺は一瞬なんのことかわからなかった。

「漢字って難しゅうてよう読めんのよ」

とその子は言った。

俺はその女の子の顔をまじまじ見た。

はにわみたいに無表情ていうか

昔風の顔だった。

「それって魚へんに右ってこと?」

俺は聞き返した。

「『へん』てなん?

『さかな』と『みぎ』の漢字のこと聞きよるんよ」

そう言われ

ますます何のことかわからなくなった。

「そんな漢字知らん。」

俺はこの女の子とかかわりたくなかったので

(母親が登場してきて変な風に思われたくなかったので)

その子を突き放すようにきつめの口調で言った。

そうしたら女の子はプイっと後ろを向き

公園の奥にある滑り台のほうへ走っていった。

丁度そのとき友達がやって来て

持ってきたCDを受け取り

そのCDについて何だかんだとしばらく話をしていた。

もういい時間になり

友達と別れ帰ろうとしたとき

さっきの女の子のことを思い出し

公園中を見渡したけどもう誰もいなかった。

家に着き洗面所でうがいをしていたら

姉が入り口から俺をのぞきこみ

「あんた、変なもん連れて帰ったね」

と言ってきた。

3つ年上で

そのころ地元の短大に通っていた姉は

昔から霊感のようなものが強く、

「見える」とか「感じる」とか

子供の頃からよく俺は聞かされていた。

弟の俺は霊感なんてものは全くないし

信じないわけじゃないが興味はなかった。

「はあ?何?連れて帰ったって?」

俺は姉に向かって面倒くさそうに返した。

「あんた、今日変なとこ行っとらん?」

「別に行っとらんわ。何や?変なとこって?」

「まあええわ。とにかく玄関の外に一回出て」

「はあ?」

「はよー出て!」

姉の剣幕に押され

俺は玄関の外に出た。

姉は台所から塩を持ってきて、

玄関先に立っている俺に

2~3度ほど塩を振りかけた。

家の中に入り姉に聞いた。

「ネーちゃん、

俺何を連れて帰っとった?

今の塩でそれは消えたんか?」

続きは第2ページ


×
fbでシェア
lineでシェア