可愛くて性格の明るい女子高生。しかし足が不自由でクラスで無視をされていた。忘れ物を取りに教室に戻ってみると・・・

今でも悔やんでも悔やみくれない話を・・・ 

中学の時に障害者(足が動かない)の女の子がいたんだ。 
いつも杖をついていて不便そうだった。 

その子はそれ以外は全然普通の子で顔も結構整っていて性格も明るかった。 

何がムカツクのかしらないけど女子達に

陰湿にいじめられていてある日男子達に「あいつは徹底的に無視しよう」 

と言ってきてそれ以来クラス全員から無視されていた。 

オレも別に嫌いじゃなかったけどクラスの雰囲気に押されて軽く無視していた。 

元々オレとその子は席が近かったのでよく話しをしていました。 

無視しはじめて最初は話かけてきたけど

オレも無視してる事がわかってだんだん話掛けてこなくなった。 

その子が無視されはじめて1ヶ月くらいたったころには

透明人間のような存在でした。(女子達の陰湿ないじめもなし) 

もう存在しない人とゆう感じがクラスにあった。 

ある日オレが忘れ物を取りに来た時その子は一人で教室の隅で泣いていた

かなりとまどったがオレはその子に「ごめん」と言った。 

その子は涙を流しながら「話し掛けてくれるの?」と聞いてきた。 

教室で一時間くらい話をしただろうか・・・その子は笑顔になっていました。 

その日は一緒にバスに乗って帰りました。(その子はいつも足が大変だからバスで帰る) 

バスの中でも色々な話をした。しかし時々なにかを言いたそうにしている。 

その日は結局何を言いたかったのかわからなかったけどバス亭から家の方向が違うため別れた。 

次の日からオレは積極的にその子に話掛けた。

相変わらずクラスのやつらは完全無視。 

2週間くらいたったころかな?

クラスのやつらが「お前これ以上あいつと仲良くしたらボコる」と言ってきた。 

その子も偶然それを聞いたのか放課後に

「もう私に話し掛けなくていいから・・・」と冷たい態度で接してきた。 

その日からオレがその子に話掛けても

そっけなさそうな態度でフーンってゆう感じだった。 

次第に話すこともなくなり1ヶ月くらい立って手紙が机に入っていた。 

手紙には「ごめんなさい。○○君(←オレの名前)とはもっといっぱいお話ししたかったけれど○○君に迷惑がかかる」

といった内容だった。 

そして「あの日一緒に帰ったバスで言えなかったけど○○君とお友達になって一緒に映画とかを見にいきたかった」と書いてあった・・・ 

次の日その子は引越しをした。無性に切ない気持ちがいっぱいだった・・・ 

今でもその子を思い出すと心が痛む・・・

実はこの後つづきがあります。 

その子が引越しをして6年がすぎた頃同窓会があったんだ。 

そのころはみんな立派に社会人になっていてオレも一応社会人になった。 

オレは仕事の関係上すこし遅れてしまった。 

家で服を着替えて同窓会へ。 
みんな盛り上がっていた。 

その中に一段と綺麗でおとなしい女性がいる。 

その子だった。

普通に歩いていてどうやら足がよくなったらしい。 

みんなとも普通に接していて無視されていたのが嘘のようだった。

オレに気がついたのかその子は「あっ」と言う声をだした。 
こっちに走ってきて「あの頃はどうもありがとう。仲良くしてくれたのは○○君が初めて」とゆう事だった。 

オレは嬉しかったし足もよくなってよかったなぁと思った。 

そのあと二人でお酒とかを飲みにいったんだけど話をきくと引っ越してからいじめなどもなくなり幸せな毎日だったそうです。 

今は昔の経験を生かしてカウンセラーの仕事をしています。 
今でもたまにご飯食べに行ったりしてるんだけど毎日が楽しいそうです。 

色んな意味でよかったなぁと思いました。でも中学時代はホント悲惨で切なかった・・・


×
fbでシェア
lineでシェア