【絶句】マジックミラー号で未開の領域に踏み入れてしまった人妻の体験談が想像以上にヤバかった件・・・

「ささ、入った入った」

二人の若い男に促され、陽子はトラックのコンテナに足を踏み入れた。

(なんかすごい……)

トラックの中は、素人目に見ても変わった作りをしていた。

天井から釣り下がる照明器具や、床に敷いてある簡易マットはいいとして、目を引いたのは側面の壁。

ほぼ一面がガラス張りになっていて、外の風景が丸見え!

「すごいでしょ?

これ、マジックミラーなんだ。

外からは鏡にしか見えないんだよ」

「そうなんですか……」

陽子はマジックミラー越しに外の風景を見やった。

強い日差しの中、遠くに見える浜辺は多くの人で賑わっている。

本当なら今ごろ、大さんと二人で楽しんでたはずなのにな・・・

陽子は思わずため息をついた。

一泊の予定で海水浴に来た新婚夫婦。

だが、急に旦那の大さんが体調を崩してしまい、今は旅館でダウンしているのだ。

「俺のことは気にしないでさ、散歩でもしてきなよ」

という旦那の気遣いもあり、陽子は薄手のパーカーを羽織り、新しいビキニの試着を兼ねて近くの浜辺を散歩する事にしたのだった。

照りつける日差しがジリジリと肌を刺し、灼けた砂浜はビーチサンダルなしではとても歩けそうにない。

絶好のビーチデート日和だった。

にも関わらず、残念な気持ちで沈んでいた陽子。

しかし、歩いているうちに浜に打ち寄せる波の音や、人々の楽しげな歓声を耳にし、段々と心が弾んできていた。

「体調崩しちゃったのはしょうがないよね・・・気持ち切り替えよっ」

そんな風に考えながら歩いていた折だ。

二人の若い男に声をかけられたのは。
「こんちゃ。よかったらなんだけどさ、取材に協力してもらえないかな?」

「・・・取材?」

「そう、水着美人の意識調査。

すごくイケてるよ、そのビキニ」

小麦色の男がニコリと微笑むのをみて、陽子は頬を上気させた。

パーカーの隙間から覗く、黄色いビキニ。

トップのストラップは肩口で結び、豊満な胸が美しいフォルムを描いている。

下半身を覆うボトムは、バックスタイルがハーフカットになっていて、みずみずしいヒップが少しはみ出るように露出していた。

「まあ、取材って言っても簡単だし、スグ終わるよ。ね、いいでしょ?」

迷う陽子だったが、男たちは執拗に食い下がる。

結局根負けした陽子は

「(大さんは寝込んでいるし)・・・じゃあ、ちょっとだけなら」

と、軽い気持ちで返事をしたのだった。

これが、陽子のマジックミラー体験の始まりだったのだ・・・

「やあ、どうもどうも。

カメラを担当している者です。

よろしく」

コンテナの奥から三人目の男が現れた。

声をかけてきた二人とは違い、40絡みの太った男だ。

「じゃあとりあえず、撮影に入るんでパーカーを脱ぎましょうか?」

「・・・撮影?」

そんな話は聞いていない。

陽子は表情を曇らせた。

「ああ、お気を悪くなさらないで。

ただのスチール写真ですから。気軽にね」

カメラマンの口調は穏やかだったが、頑とした意志があり、なぜか口を挟めない。

「・・・分かりました。

でも、少しだけですよ」

陽子は、勢いに押されて了承した。
パーカーを脱いだ途端、男たちの視線が陽子の肢体に集中した。 「おお」

剥き出しになった白い肩、メロンのように豊満なバスト、むっちりと成熟した艶やかなヒップ・・・

匂うような陽子の色香が、コンテナ内に充満する。

「やあ素晴らしい。

スタイルが抜群だからビキニが映えますね」

「ありがとうございます(かなり恥ずかしい)・・・」

浜辺では気にならなかったものの、やはり、狭い空間でまじまじ見られると抵抗がある。

しかも、本当なら大さんにソレを褒めてもらいたかったのに・・・

そんな陽子の戸惑いを余所に、男たちは手馴れた様子で機材の準備に取り掛かった。

「じゃあ、とりあえず一枚」

まばゆい閃光が走った。

天井からもライトをあてられ、陽子の姿が光の中に浮かび上がる。

「とてもキレイですよ。

美人だし、肌も白くて美しい。

いやいや、まったくうらやましいですな」

「うらやましい?」

「ええ、あなたの恋人がです。

こんなにも素晴らしい女性を自由にできるなんて!

あ、もうちょっとこちらに目線をください。

そう、いいです。実にいいです!」

カメラマンの熱っぽい口調に、自分が人妻だと言いそびれてしまう。

実際、男の話術は巧みだった。

モデルでもない陽子が、つい、その気になってしまうほどだ。
「次は膝をついてください。

ああ、ゆっくりと、そう、いい表情です」

カメラマンの指示通り、陽子はゆっくりと膝をつき、上目遣いでレンズを覗いた。

まばゆい閃光がそれに続く。

(なんだろう、この感じ?)

背筋に軽い痺れが走り、胸の辺りがざわざわとする。

白い肌が火照り、全身が薄っすらと汗ばんだ。

撮影されているだけなのに、陽子は微かな昂ぶりを覚えていたのだ。 「あ、あの・・・後の方は何を?」

陽子が躊躇いがちに口を開いた。

カメラマンの背後で、若い男がビデオカメラを回していたのだ。

「ああ、ちょっとあなたの動きがほしかったんです。

スチール写真だけじゃもったいないですから」

「はあ・・・」

疑問が残るものの、陽子は再び正面を見据えた。

「次は・・・そうですね、胸の前で両腕を組んでください。

谷間を強調しましょう」

男の指示通り、ビキニに包まれた胸を両腕ではさんだ。

ボリュームのあるバストがグイッと中央によせられ、谷間の影を濃くする。

「そのまま、そのまま・・・」

触れんばかりにカメラが近づけられ、汗ばむ谷間を接写していく。

こ、こんな近くで・・・。

カメラマンの熱気が伝わってくると、陽子の首筋がちりちりとした。

「ええと、ちょっとお願いがあるんですが・・・」

シャッターを押し続けながら、男が口を開く。
「なんでしょう?」

「あのですね、できたらこれ、解いてもいいですか?」

「え?」

男が陽子の肩に手を伸ばした。

その先には、ビキニを支えるヒモの結び目があった 。

「そ、それは・・・困ります」

さすがに陽子は拒んだ。

だって、そんな事をされてしまったらビキニが取れてしまうじゃん!

「ああ、誤解しないでください。

この美しい肩のラインがどうしても撮りたいんです。

ぜひお願いします」

熱っぽく続ける男の前で、今の陽子は無力だった。

「・・・分かりました」

コクリと頷くと同時に、若い男が慣れた手つきで結び目を解いた。

ビキニのヒモがぱらりと落ちる。

抜けるように白い肩口を露わにし、鎖骨のくぼみが妖艶さをかもし出す。

「ああ、すばらしい・・・」

次々と焚かれる閃光が、陽子の肢体を押し包む。

彼女の脳裏には、今の恥ずかしい姿がくっきりと映し出されていた。

恥ずかしくて、どこか、せつなくて・・・

頭の芯がジーンと痺れていく。

下腹部が何故かムズムズし、陽子は顔を赤らめた。

「――――いいですか?」

「は、はい」

惚けていた陽子は、反射的に返事をした。

「それじゃあ取りますよ」

「え?」

次の瞬間、目を見開く。
傍らにいた若い男が、腕と胸の間に挟まれてあったビキニをサッと抜き取ってしまったのだ。 「あっ!!!」

陽子はとっさに背中を丸めた。

迂闊にも、ビキニを取ることを承諾してしまったのだ。

今、陽子のバストは腕だけで隠されている。

いや、それも完全にではない。

ボリュームたっぷりなだけに、下部分がどうしてもはみ出てしまう。

「か、返してください!」

「何をおっしゃる。

これからじゃないですか。

さあ、顔をあげてください」

そろそろと顔を上げると、男たちが三人、陽子の周りを取り囲んでいた。

男たちの体臭がむっと鼻をつく。

しかし、不快な感じはしない。

むしろ甘い眩暈を覚えたほどだ。

「手のひらで隠しましょうか?」

「え?でも・・」

いやらしいポーズを思い浮かべ、陽子は顔を熱くした。

「そのほうがしっかりと隠れます。

・・・さあ!」

「は、はあ・・」

そうね。

その方がちゃんと隠れるもの。

陽子は自分を納得させると、チ首が露出しないよう注意を払いながら、手のひらを重ねた。

「いい!すごくいいです!」

男は興奮気味に何度もシャッターを切った。

手ブラ状態の陽子がフィルムに収められていく。

女盛りの肢体が汗ばみ、妖艶な光沢が全身を覆いはじめる。

「なんか、あついな」 「ああ、ちょっと脱ぐか」

男たちは口々につぶやきながらTシャツを脱いだ。
露わになる逞しい肉体。一段と強くなる男たちの体臭。 (大さんとは全然ちがう……)

陽子の脈がトクントクンと早鐘を打つ。

「それじゃ、ちょっとだけ、バストトップの撮影をしましょうか?」

「・・バストトップ?」

「ええと、平たく言えばチ首ですね」

陽子がビクリと顔をあげた。

「そ、それって、全部見られちゃうってことですか?」

「いやいや。

そんなに深刻にならないでください。

モデルさんはトップくらい普通に出してますよ」

「そ、そんなこと出来ません!」

「あー、分かります。

分かります。

最初は恥ずかしいですよね。

ボクもそう思います。

それじゃですね、指でトップを隠すのはどうですか?

それで終わりにしますから」

強制はしないものの、男は陽子を巧みに誘導する。

「・・本当に、それで終わりですね?」

「もちろんです。

嘘ついたらプロ失格ですから!

さあ、お願いします」

男の口元から白い歯がこぼれ落ちる。

(・・これで終わるなら)

陽子は小さく頷くと、手をゆっくりずらせていった。

「もうちょっと、もうちょっと」

男の指示の元、覆っていた手の平が五本の指だけになり、やがてその本数が減っていく。

指の数が二本になった時・・・
指の数が二本になった時、覆いきれないピンク色がチラリと顔を出した。
(ああ、ダメ。

これ以上はダメ・・・)

羞恥のあまり陽子は身体を震わせた。

その時だ。

男が陽子の手首を掴んだのは。

「力を抜いてください」

「え?」

一瞬の隙をついて、男は陽子の両手を左右に割った。

「あっ、だめっ!」

抗うには遅すぎた。

白いゴム鞠のような胸がぶるんと弾み、男たちの眼前にこぼれ落ちる。

「おお、すげえ」

「めちゃくちゃキレイじゃん!」

男たちは感嘆の声を上げながら、剥き出しになった陽子の胸を凝視した。

「いやっ、だめっっ」

陽子は身をよじってもがいたが、男の力に敵うはずもなく、魅力的な胸が左右に揺れるだけだった。

「あれ、ビチクたってるね」

「そ、そんなわけありませんっ!」

「見てみなよ。本当だから」

陽子は耳まで顔を赤くした。

男の指摘どおり、桜色のチ首が硬く尖っていたからだ。

「胸見られただけで興奮するなんていやらしいんだね」

手首を掴む男が笑みを浮かべる。

それと同時にフラッシュが焚かれ、ビデオが接写する。

「そ、そんな事ありませんっ!わたし、もう帰ります」

「いいんですか?こんなになってるのに」
「ひゃうっ!」

陽子が体を弾ませた。

男の舌先がチ首に触れたのだ。

「だ、だめ、んんっ、ああ・・あ」

敏感な部位を弄られて、陽子の口から熱い吐息が漏れ始めた。

男の暖かい舌が、ゆっくりと螺旋を描く。

それが頂点に達すると、音を立てて吸われた。

「はっ!あっ!」

口の中でコロコロと転がされる陽子のチ首。

(へん、変になる……)
見ず知らずの男に胸を蹂躙されているというのに、陽子は興奮に包まれていた。

チ首は硬く充血し、男の舌先を強い弾力で跳ね返す。

「おいしい。たまらないよ」

顔を上げて男がつぶやく。

開放された胸は唾液まみれになり、ねっとりと妖しい光沢を放っていた。

「そ、そんな、いやらしい・・・」

「本当の事だからしょうがないじゃん」

陽子を抱きしめながら、耳元で男がささやく。

二人の間で押しつぶされた胸が、むにゅりと横にはみ出した。

(わたし、おかしくなっちゃう・・・)

若い男の体臭が鼻孔をくすぐり、頭の中が上気する。

「さあ、力を抜いて」

男が陽子に圧し掛かる。

その圧力に屈した陽子は、剥き出しの胸を弾ませながら、

簡易マットの上に押し倒された。

「こ、こんな事いけません。

いけない事です」

「彼氏に悪い?」

「彼氏じゃありません。

あの、わたし、夫がいるんです!」

Artigos Recomendados


×