【史上最悪】どうぶつ奇想天外で最悪の放送事故!ヒグマに喰い千切られ発見されたスタッフの一部始終が残酷過ぎた…

【史上最悪】どうぶつ奇想天外で最悪の放送事故!ヒグマに喰い千切られ発見されたスタッフの一部始終が残酷過ぎた…

どうぶつ奇想天外で過去最悪の放送事故が残酷すぎる。

ヒグマの撮影のために訪れたロケ地で

写真家がヒグマに食いちぎられた惨劇の詳細がこちら…

野性の動物を相手にした時、

いかに人間が無力で無知かを思い知らされた事件とは!?

ロシアでヒグマに襲われ・・・

出典:Melon

事件は1996年7月25日、

『どうぶつ奇想天外』の取材として

ロケーションされた、ロシアのカムチャッカ半島で起こりました。

ヒグマの生態を撮影するために、

同地を訪れていたプロの動物写真家・星野道夫さん(享年43歳)がヒグマに襲われ亡くなったというのです!

ヒグマ撮影のプロに一体何が!?

恐怖の瞬間とは…続きはコチラ↓↓

元々、星野道夫さんは、

アラスカでグリズリーの写真を幾度も撮影してきた実績のある、いわばその道のプロフェッショナル。

当然、

熊の習性などは熟知していたはずなのになぜ、

このような悲劇が起こってしまったのでしょうか?

事件の一部始終はこうです…

事件の発端となったロケ地への取材は、

星野さんの持ち込み企画だった。

星野さんは『どうぶつ奇想天外』へ

「ヒグマと鮭」という第材を持ち込んで、

TBS撮影クルーと共に目的地のカムチャッカ半島へ向かうことが叶いました。

撮影のためのキャンプ地は、

カムチャッカ半島南部のクリル湖畔でした。

出典:西遊旅行 そこには安全な施設もあったのですが、

星野さんは敢えて湖畔の畔にテントを構えて宿泊することを選択しました。

これはより被写体と近付きたいという

星野さんのポリシーの一環であったと思います。

出典:Naverまとめ 悲惨な現場が…続きはコチラ↓↓ またこの判断は、

クマの生態に詳しい星野さんなりの

「7月は鮭が川を遡上して、クマにとってエサが豊富だから人を襲撃しない」

という見解に基づいていました。

体長2m強の巨大なヒグマが目撃

到着後2日目の夜に、

宿泊施設にある食糧庫にヒグマが登って飛び跳ねていた姿が現地ガイドに目撃されました。

当然、ガイドやスタッフたちは

星野さんに危険を警告しましたが、

聞き入れられませんでした。

なぜ食べるものに困らない時期のはずなのに、

人間の食糧を欲するのでしょうか?

実はこの年、

サケの遡上が例年よりも遅れていたのです。

さらに、この赤い傷を負ったヒグマが、

地元テレビ局の社長によって

餌付けされた個体であったため、

人間への警戒心が薄かったとも考えられています。

また同時期に環境保護団体グループが

同地を訪れていましたが、

続きは第2ページ


×
fbでシェア
lineでシェア